お葬式から喪明けとなる49日

お葬式から喪明けとなる49日

人が亡くなり通夜式、さらに告別式と進み最近は初七日まですませてしまうことが多くなっています。初七日を告別式に済ませるとなれば、お葬式が終わって最初の法事は49日です。この49日は仏教用語の一つといわれ、人が亡くなって49日目に当たります。もちろん宗派によって違いがありますが、この死後49日目には極楽浄土にいけるかどうかお裁きを受ける日です。

よく閻魔大王のお裁きを受ける日といわれている49日ですが、実はお裁きを受ける日はこの日だけではなく、7日ごとに行われています。初七日は最初のお裁きで、その後も7日ごとにお裁きの日となるため遺族は7日ごとに祈りをささげるのが通常です。最後の49日目となると極楽浄土にいけるかどうか、最終判断となります。この最後の判断の日に行う法要はお葬式の後、とても重要な追善法要になるといわれているのです。49日目は故人が極楽浄土に行くかどうかの審判が下り、遺族にとっては喪が明ける日となります。つまりお葬式後、一つの節目となる日という事です。最後の裁きが行われるまでの期間を中陰といいますが、この間、死者があの世に旅立つ期間とも言われており、この間、遺族は無事、極楽浄土に逝けるようにと祈ります。ただ宗派によっては臨終を迎えて故人となることで即浄土に往生という考え方、即身成仏と考えることもあるので、宗派によってはこうした供養ではない場合もあります。

49日になると喪明けとなります。故人の冥福を祈り、喪に服す期間が終わるという意味があります。仏式の場合には魂がこの世から旅立つ49日までが喪中、その日が喪明けとなります。満中陰法要、喪明けの法要を行い、お葬式でお世話になった方々をお招きして保養を行い、お料理などを振る舞うのです。ここが悲しみの一区切り、喪明けを迎えることで遺族も普通の生活に戻りなさいよという意味に捉える方もいます。

ちなみに、亡くなられた日から百箇日までは、亡くなった日が1日目として数えます。亡くなられた日が1日目となるので、48日目が法要の日となりますが、この日に当てて法要を行う事は少ないです。現代は皆忙しいため、告別式の間に出席してもらう人の予定を確認し、スケジュールを合わせて49日あたりに行うのが通常となっています。この日までに行っておくべきこと等もありますし、法要に出席する人はマナーなども確認が必要です。これからこうした法要に出席することになる方は、失礼のないようにマナーを学んでおきましょう。

INFORMATION

2018年10月12日
ホームページを更新しました。