お葬式から49日までに中陰檀を用意する

日本のお葬式は多くが仏式で行われています。宗派によって違いがありますが、一般的に49日までは中陰と呼び、追善供養の法要が執り行われるのです。49日までに中陰檀を整えて、故人を供養する準備を行います。この中陰檀というのは故人のご遺骨を安置する檀のことです。

中陰檀には遺骨、遺影、白木の位牌を置きます。お花や灯篭を置き、御線香をたくための香炉なども用意して中陰檀を作るのです。お葬式が終わると告別式で初七日を行う遺族が多くなっていますが、その後、最も大きな法要となるのが満中陰の法要となる49日の法要です。

あの世で故人は7日ごとにお裁きを受けているので、遺族は7日ごとに追善供養を行います。7日ごとに中陰檀の前に座って、故人が無事49日の最後のお裁きで極楽浄土に逝けるように祈るのです。この間、家の玄関に喪中の札を貼っておきます。最近は貼っていないケースも多くなっています。

49日の法要がない宗派もありますが、一般的に行われることが多い49日はとても重要な追善法要となります。ここが喪明けとなることもあり、お葬式からの一区切りです。遺族はこの日、僧侶に読経してもらいながら故人が極楽浄土に行けるように深く祈りをささげ、喪明けとなり通常の生活に戻っていくのです。