お葬式とは違い49日で参列者が用意するものは?

お葬式に出席する時も、49日に出席する時にも香典をもっていくことは知っているという人は多くいるでしょう。しかし、その他にも持っていくべきものがあるという事をご存知でしょうか。この参列者の持っていくものについては親戚同士で話し合って、誰が何をもっていくかバランスよくするという事もあるので、確認しておきます

お葬式の時と同じように香典をもっていきますが、法要のみと会食ありで持っていく金額が変わるので注意が必要です。香典のほかに地域によってはお線香をもっていったり、お供物を別にもっていくこともあります。

故人の御供養のために卒塔婆を用意してもらう場合、御供物料とは別に、御卒塔婆料として施主に持っていきます。このお金は白封筒に入れて持っていけば問題ありません。卒塔婆の費用も地域によって違いますが、大体3,000円から5,000円くらいです。施主に金額について確認しておくといいでしょう。

卒塔婆は49日の施主がつけるものとする人もいますが、友人でも知人でも、親族でも、誰でもつける事ができるのです。しっかり供養したい、故人のために何かしたいのであれば、施主に連絡し卒塔婆をつけたいことを言えば、金額など教えてくれるでしょう。