お葬式とは違う準備が必要となる49日

お葬式でも沢山の準備が必要で、喪主は亡くなった家族、身内のことを悲しむ時間もなく、急ぎ、準備をしていく必要があります。しかし49日の法要まではじっくり故人をしのび、7日ごとの法要で祈りをささげていくことになるのです。49日にはお葬式などとまた違う準備が必要となります。

お葬式の際には白木の仮位牌なので、49日までに本位牌を準備する必要があるのです。位牌は亡くなった人そのもの、という考え方があります。白木の位牌には戒名が書かれていますが、それをそのまま正確に写し準備します。宗派によっては本依頼に漆塗り位牌は利用しないという事もあるので、確認が必要です。本以外は形など特に決まりはありませんが、お仏壇の御本尊よりも小さいものとします。

仏具店に本位牌を依頼してすぐにできるという事はありません。お葬式の時には急ぎ用意される仮位牌ですが、今度は本位牌です。そのため、2週間程度かかることもあります。前もって依頼する事が必要となるため、忘れないように49日に間に合うように準備しておきましょう。

49日の時に白木の位牌を菩提寺に納めて、そこで魂の入っていない本位牌に魂入れをしてもらいます。ここから今度は本位牌が故人そのものとなるのです。