お葬式と同じでいい?49日の参列者の服装

お葬式の際には遺族、参列者それぞれが喪服を着ていくのが一般的なマナーです。通夜式の時には暗めの平服でもいいとされていますが、最近はほとんどの方が喪服を着て参列しています。ただ法事の時には喪服で行くのか、平服でいいのか迷う方も多いようです。

通常、初七日から49日まで参列者は略式喪服を着ていきます。略式礼装というのは男性の場合、ブラックスーツと黒ネクタイ、白のワイシャツを着用します。足もとは黒の靴下、光沢のない黒の靴です。女性は黒のワンピースや黒のスーツにします。黒のストッキング、黒の靴、バッグといった服装になります。

49日から1周忌を過ぎ、年忌法要に関しては略式礼装でもいいですし、黒、グレーなどの地味な色の洋服なら問題ないとされています。一般的には七回忌を過ぎると地味な平服でよしといわれていますが、地域性や親族の取り決めなどもあるので、確認してみるといいでしょう。家族、親族のあいだで1周忌以降は平服で行こうと決めていれば、それに従って平服で行くようにすればいいのです。

お葬式が終わり告別式に初七日を済ませてその後、一番大きな法事となるのが49日となります。大切な満中陰の日となるので略式礼装で行けばマナー違反にならないと理解しておきましょう。